早めに売却する

マンションの外観

個人が不動産売却を行った場合、そこには所得税が課税されることになります。所得税とは儲けに対して課税される税金です。例えば、住宅を売却した場合、売却額が購入額を上回ることはあるでしょうか。通常であればあり得ません。ではなぜ所得税が発生するのかというと、減価償却が行われるためです。 住宅の価値は段々減っていきます。その分の価値を減少させることを減価償却と言います。所得税は、売却額と減価償却後の購入額との差額に対して課税します。そのため、不動産売却をすると所得税が発生してくるのです。 減価償却は時間の経過を計算の基準とします。と言うことは、早めに売却すれば減価償却される金額は少なくなるということです。この点を考えれば、不動産売却は早い方が良いと言えるでしょう。

減価償却の点で言えば、不動産売却は早めに行う方が得策です。ですが、所得税の税率の点から言えばそのようなことはありません。 通常、所得税は儲け(所得)の大きさに応じて適用される税率が決まります。しかし、不動産売却の際はそれが適用されず、所有期間が基準となっています。 所有期間が長い方が適用される税率は低くなります。これは、減価償却とは反対の関係になってしまっています。ただ、不動産売却にかかる所得税の税率は2種類しかありません。そのため、長くなればなるほど良いというわけではありません。ポイントは5年です。5年経つと、税率は半分になります。 不動産売却は最低でも5年待ちましょう。そして、決断した時は早めに動き出すようにしましょう。