査定の依頼をする

家

居住用のマンション売却をした場合に多額の譲渡益がでたときには、節税できる余地があることを知っておくことが重要です。3000万円の特別控除や長期保有による軽減税率、さらに買い換えた場合の課税の繰延べ等の特例があり、正しく使うことによって大きな節税を実現できます。 また、そのマンション売却が投資マンションだった場合は、そのマンション売却による利益には所得税や住民税が課税されます。 注意点としては、マンション売却のタイミングが長期譲渡に該当するか短期譲渡に該当するかです。売却年の1月1日時点で5年を超えて所有していた場合は、所得税15%住民税5%の税率での課税になりますが、5年以内だった場合は、所得税30%、住民税9%です。

マンション売却を行う際には、まずは査定を行った方が良い傾向にあります。査定をした後で売却価格を知り、その上でマンションを手放すかどうか考えることができます。 査定は一度に多数の業者に行えます。 また不動産は買取、売却ともに土地の相場によって価値が変わります。土地相場の変化を見極めることができれば、売却時は高い方が良く、買取時は安く買うことも可能です。 マンション売却時にはリフォームが必要なケースも多いです。リフォーム費用は発生しますが、リフォーム後の方がマンション売却しやすい事もあるので、積極的に行動しましょう。 ちなみに、マンション売却は築年数の影響も考慮した方が良く、近年の建物の方が比較的高い価値を有します。