すぐに住める

オフィススタッフ

家を購入するときに新築を選ぶ場合、分譲住宅にするか、注文住宅にするか迷うところです。 それぞれの違いはなんでしょうか。 一番大きな違いは、自分で設計するか、人が設計するかの違いです。分譲住宅は後者にあたります。これにより、分譲住宅の価格はとてもリーズナブルになるのです。これは、大量に似たような間取りの家や資材を使うというところにも大きく価格差が出てしまうのです。注文住宅に対して分譲住宅は2割ほど安く買えるのが相場です。 また、分譲住宅は、誰でも抵抗がない妥当な作りになっていますので、よほどこだわりがなければ分譲住宅で十分です。 気になる耐震性についても事前に耐震の専門家が調べますので耐震基準はしっかりと満たしています。

分譲住宅を購入する時に工夫することで得られるメリットは一体何でしょうか。まず、購入の時期です。家の立地などにとりわけこだわりがなければ、売り出した家もしばらく購入をせずに様子を見ることで割安になることがあります。 住宅は売り出しから数ヶ月経過しても売れない時は100万円単位で安くなる事があります。また、新築住宅も建築から1年が経過すると中古住宅として扱われ流為、価格がさらに安くなるのです。 ただし、なぜその住宅が売れ残ったのかの理由を知っておくことは、後々こんなはずじゃなかったと後悔しない為にも調べておくのが良いと思います。 あとは、住宅を購入する時にオプションでカーテンなどを一式プレゼントしてくれることもあるので建設会社に聞いてみても良いでしょう。